カクテル初心者♪ 目指せ自宅でバーテンダー

カクテルの美味しさを知り、自宅でカクテル作りにチャレンジします!皆さんも一緒に自宅で美味しいカクテルを作りませんか♪

自宅でカクテルを作ろう!!☆スカイダイビング&カクテルのスタイルについて

今日のカクテル ☆スカイダイビング

f:id:bar55:20190212215222j:image

アルコール25度 シェーク

 

レシピ

ホワイトラム 30ml 

ブルーキュラソー 20ml 

ライムジュース 10ml 

 

ブルーキュラソーの甘みとほのかな苦味、ライムの酸味がバランスの良い爽快なカクテルです。

何と言っても、見た目の美しさ!

透き通ったブルーがとても綺麗です。

見ているだけでも楽しめます。

この綺麗な色のブルーキュラソー」見た目のイメージとは違い、オレンジの果皮で香り付けした、甘いキュラソーです。

 

スカイダイビングとは

1967年に全日本バーテンダー協会のカクテルコンペティションにて1位を取ったカクテルです。

ブルーキュラソーの青さが澄みきった青空をイメージさせる見た目も味も美しいカクテルです。

大阪の渡辺義之氏の名作カクテルです。

 

今日の学び・カクテルスタイル

カクテルのスタイル

まずは、2つのタイプがあります。

1.ショートカクテル

皆さんのイメージするカクテルグラスで飲むタイプのカクテルです。

シェークやステアをしてグラスに注ぎます。

氷を入れないので、時間をかけないで、出来るだけ冷たいうちに飲みます。

3口ぐらいで飲み干すのが、流儀とか・・・

アルコール度数が高いカクテルが多いです。

2.ロングカクテル

コリンズグラスやタンブラーなどに氷を入れて作られる「ゴールドタイプ」のカクテルや温かい「ホットタイプ」のカクテルがあります。

ショートカクテルに比べると氷がある分、長時間冷えてますので、ゆっくり飲んでも美味しく味わえます。

アルコール度数も低めのものが多いです。

 

また、ロングカクテルには、使用する材料や作り方などで様々なスタイルがあります。

ここで、いくつか紹介します。

バック

各種スピリッツにレモン・ライムジュースやジンジャーエールを加えて作るスタイルが一般的です。

コリンズ

各種スピリッツにレモンジュースと砂糖・シュガーシロップを加え炭酸で満たすスタイル。

コリンズグラスが大きいので、一杯の量も多くなります。

クーラー

各種スピリッツやワインに柑橘系のジュースを加え炭酸飲料で割るスタイルです。

ワインクーラーは有名ですね。

フィズ

各種スピリッツにレモンジュース、砂糖を加えてシェークして、タンブラーに注ぎ炭酸を加えるのが、基本的なスタイルです。

リッキー

各種スピリッツに新鮮な生ライムやレモンを絞り、炭酸で満たすスタイルです。

砂糖などを使用しないので、果樹の酸味が爽快な味わいになります。

ジンリッキーが有名ですね。

スリリング

各種スピリッツにレモンジュース、お好みで甘味を加えて、水又はお湯、ソーダで割ったスタイル。

デイジー

各種スピリッツに柑橘系のジュースやリキュールを加えて、大型のグラスにクラッシュドアイスを詰めて、フルーツを飾り、ストローを添えるスタイルです。

よくストローを2本添えますが、1本が詰まった時の予備に2本添えられる様です。

フラッペ

材料をクラッシュドアイスと一緒にシェークして、グラスにクラッシュドアイスを盛り、その上から注いで、短いストローを添えるスタイルです。

フローズンスタイル

材料とクラッシュドアイスをミキサーにかけて、シャーベット状にしたカクテル。

フローズン・ダイキリが有名ですね。

ジュレップ

各種スピリッツやワインにミントの葉と砂糖を使用して作られるスタイル。

爽やかな味と香りに甘みがあるカクテルになります。

ブース・カフェ

各種スピリッツやリキュールやシロップ、生クリームなどを比重が大きい順から混ざらない様に綺麗にグラスに注いだスタイル。

f:id:bar55:20190213212459j:imageこの様なインスタ映えしそうな、綺麗なカクテルが出来ます。

エッグノッグ

お酒、卵、砂糖、牛乳を入れて作るのが一般的なスタイル。

アイス、ホット共にあります。

ミスト

ロックグラスなどにクラッシュドアイスを入れて作るスタイル。

グラスの表面が霧状(ミスト)になる事から付けられた名前。ウイスキーミストが有名ですね。

ズーム

各種スピリッツに蜂蜜と生クリームなどを加えて、シェークして作るスタイルです。

主にショートカクテルに使われます。

 

この他にも様々なスタイルがあるようです。

中には、非常に似ている製法もありますが、様々なスタイルで作られるカクテルに、また一段と魅力が湧きました。

 

では、また次回・・・ありがとうございました