カクテル初心者♪ 目指せ自宅でバーテンダー

カクテルの美味しさを知り、自宅でカクテル作りにチャレンジします!皆さんも一緒に自宅で美味しいカクテルを作りませんか♪

自宅でカクテルを作ろう!!☆エル・ディアブロ&カシスリキュールについて

今日のカクテル ☆エル・ディアブロ

f:id:bar55:20190223194258j:image

アルコール11度 ビルド

 

レシピ

テキーラ 30ml 

クレーム・ド・カシス 15ml 

ジンジャーエール 適量

カットライム 1個

 

カシスの甘さとライムの酸味とジンジャーエールでフルーティ爽やかな味です。

甘酸っぱいって言うのが一番近いかな?

アルコール度数も高くないので、ジュース感覚で飲みやすいカクテルですね。

 

名前の由来

スペイン語で「悪魔」という意味です。

カシスの赤い色が悪魔の血の色に見えるという恐ろしい名前のカクテルです。

確かに見た目は毒々しいですが、もうちょっと良い名前なかったのかな?

 

今日学び カシスリキュール

f:id:bar55:20190406223704j:image

女性の方に人気のカシスリキュール、チェーン店の居酒屋にも「カシスオレンジ」や「カシスウーロン」などありますよね。

今日は女性の方に大人気の甘くて飲みやすい、カシスリキュールについて学んでいきたいと思います。

 

カシスリキュールとは

ビタミンCを多く含むカシス(黒すぐり)を原料に作られる、深紫色をしたリキュールです。

 

中でも有名な「クレーム・ド・カシス」は甘みが強く、アルコールに弱い女性にも飲みやすいカシスリキュールです。

f:id:bar55:20190223130706j:image

クレーム・ド・カシスの甘さ

EUの規定により、1Lあたり250gの糖を含有すると「クレーム・ド」の表示が可能になりますが、「クレーム・ド・カシス」だけは例外で1Lあたり400gの糖を含有しないと名乗ることが出来ないそうです。

だから甘〜いんですね!

アルコール度数も15度以上と決まっているそうです。

 

定番の「ルジェ・クレーム・ド・カシス」以外にもカシスリキュールはありますので、いくつか紹介します。

 

カシスリキュールをいくつか紹介

ドメーヌ・サトネイ・クレームドカシス

f:id:bar55:20190223155210j:image

100%ドメーヌ産のカシスを使った贅沢な逸品です。

アルコール度数 20%

デカイパー・クレームドカシス・ノワール・ド・ブルゴーニュ

f:id:bar55:20190223155732j:image

フランスで300年以上の歴史を持つデカイパー社が日本人の嗜好に合わせて開発したカシスリキュールです。

アルコール度数 20%

レリティエ・ギュイヨ・クレームドカシス・ド・ディジョン

f:id:bar55:20190223160652j:image

フランス国内No. 1の売上を誇るカシスリキュール

アルコール度数 16%

Aomori Cassis 望月

f:id:bar55:20190223161231j:image

青森県産カシス100%使用、一粒ずつ丁寧に手作業で収穫したカシスを200g以上使い、無添加、無香料のカシスリキュールです。

アルコール度数 25%

ボルス・クレームドカシス

f:id:bar55:20190223162212j:image

世界的に有名なリキュールメーカーBOLS

厳選された原料とした香り豊かなカシスリキュールです。

アルコール度数 17%

 

カシスリキュールを使ったカクテル

カシス+○○のレシピで、数多くのカクテルが

自宅で簡単に作れます♪

 

カシスリキュール

ジュースなど

オレンジジュース カシスオレンジ」

グレープフルーツジュース カシスグレープフルーツ」

ウーロン茶  カシスウーロン」

ソーダ   カシスソーダ」

ジンジャーエール カシスジンジャー」

牛乳    カシスミルク」

 

カシスリキュール

その他お酒

白ワイン   キール」

シャンパン  キールロワイアル」

赤ワイン  カーディナル」

ビール  カシスビア」

 

カシスリキュール

その他お酒&ソーダ類

ドライベルモット&ソーダ ベルモットカシス」

ドライベルモット&トニックウォーター ルビーカシス」

紹興酒&ソーダ   チャイナカシス」

 

などなど、色々なものと割って自宅で簡単にカクテルが作れる便利リキュールですね。

甘いのが苦手な人には向かないかな?

ジュース感覚で飲みやすいので飲み過ぎ注意!

ですね♪

f:id:bar55:20190223201645j:image

 

では、また次回・・・ありがとうございました