カクテル初心者♪ 目指せ自宅でバーテンダー

カクテルの美味しさを知り、自宅でカクテル作りにチャレンジします!皆さんも一緒に自宅で美味しいカクテルを作りませんか♪

自宅でカクテルを作ろう !!☆ハーベイ・ウォールハンガー&ガリアーノについて

今日のカクテル ☆ハーベイ・ウォールハンガー

f:id:bar55:20190312205004j:image

アルコール 13度  ビルド

 

レシピ

ウォッカ  45ml 

ガリアーノ  2tsp

オレンジジュース 適量

スクリュー・ドライバーにガリアーノを足したレシピです。

 

スクリュー・ドライバーにガリアーノの甘さや香りが加わって、とても飲みやすくゴクゴクいけそうな感じです。

 

名前の由来

2つの説があり

1つは、カリフォルニアのサーファー、「ハーベイ」がサーフィンの大会で負けた失意を紛らわす為に飲んだというカクテル。

彼が酔って壁を叩きながら帰ったことから「壁叩きのハーベイ」と名付けられたという説があります。

もう1つは、「ハーベイ」というガリアーノのセールスマンが自ら飲みながら売り込みをする際に、酔って頭を壁にぶつけながらセールスをしたという説があります。

いずれにしてもハーベイさんが関係してるみたいですね。

 

今日の学び・ガリアーノ     GALLIANO

f:id:bar55:20190312174425j:image

細く長〜いボトルの形状(50㎝ぐらい)が目を引くイタリア産の香草系リキュールガリアーノについて学んでいきたいと思います。

ガリアーノとは

ベースの中性スピリッツにアニス、ペパーミント、ラベンダー、バニラなど30種類以上のハーブやスパイスを複雑な製法で作られたリキュールです。

色はキレイな黄色の透明でアルコール度数 35%です。

味は、アニスなどの香草の風味で、ほんのり甘みがあり、バニラの香りが特徴的です。

カクテルはもちろんのこと、お菓子作りなどにも使われています。

本場イタリアでは、カクテル以外にはデザートと一緒に飲まれたり、甘いリキュールなので食後酒として飲まれているそうです。

特に女性の方や年配の方に好まれる傾向があるそうです。

 

ガリアーノの歴史

1897年にイタリアのトスカーナ州で誕生しました。

このリキュールの開発者のアルトゥーロ・ヴァッカリは「イタリア・エチオピア戦争」で英雄とされたジュゼッペ・ガリアーノに感銘を受けて、自ら開発したこのリキュールに彼の名前ガリアーノと名付けたとされています。

 特徴的な背の高いボトルの形状はイタリア建築に見られる「コリント式」の円柱をモチーフにしたものです。

f:id:bar55:20190312184038j:image

 

ガリアーノのを使ったカクテルをいくつか紹介

ゴールデン・キャデラック

ガリアーノ  20ml 

クレームド・カカオ  20ml 

生クリーム  20ml 

材料をシェイクし、グラスに注ぐ

ゴールデン・ドリーム

ガリアーノ  15ml 

ホワイトキュラソー  15ml 

オレンジジュース  15ml 

生クリーム  15ml 

材料をシェイクし、グラスに注ぐ

バカディアーノ

バカルディ・ラム  40ml 

ガリアーノ  1tsp

レモンジュース 10ml 

グレナデンシロップ  10ml 

マラスキーノチェリー 1個

チェリー以外の材料をシェイクし、グラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを沈める

 

ボトルがとても特徴的なガリアーノ、バニラの香りとハーブで甘みもあり美味しいリキュールです。

皆さんも試してみてはいかがですか♪

f:id:bar55:20190312220221j:image

では、また次回・・・ありがとうございました